久しぶりにお好み焼を「あっちゃん」

梅雨入りしたらしいけどあまり梅雨っぽく無いうちに明けてしまいそうなそんな予感がヒシヒシと伝わってくる夏大好き、貴方のてつやです。

このところイベントが多いのですが多すぎて逆に更新が追いついていない今日この頃。そんな中、御料人様から久しぶりにお好み焼きを食べに行きましょうとのお誘いが。ああ、そういえばお好み焼は家で作ってばかりで外食というのはあまり記憶にございません。では行きましょう。

欲望という名の阪神電車に乗り込んで辿り着いたのは春日野道。まぁ三宮から徒歩でも行ける距離なのですけどね。如何せんその時にいたのが兵庫駅近辺だったので公共交通機関様のお世話になった次第。地下にある駅から太陽のある方へと上ったすぐ近くにその店はありました。

イイ感じのお店です

今回美味しくいただいたのは「お好み焼 あっちゃん」です。もうね、店構えからして非常に好ましいのです。この全ての人々に開かれし門戸。誰でも思わずくぐってしまいたくなる紺地の暖簾。そして壁には明朗会計にして魅力的としかいいようのないメニュー。素晴らしい。

この壁のメニューいいのです

早速ビールをいただきつつ最初にやって来メニューは【チャンポンそば焼】から。やっぱりそばは大切。あ、焼ソバっていうと中華っぽいけどソバ焼というと途端にお好み焼きメニューになるのは気のせいでしょうか?どうでもいいですね。お店のお母さんから具は何にする?と訊かれてチャンポンと即答してしまう意地汚さ。そしてそれに対してナイスと思ってしまう自分の食欲。果たしてそれは本当に正解でした。旨い。お好み焼きでチャンポンにすると一人で食べるなら問題ないですがシェアしていると具に偏りが出来るからね。

上に乗っているのが赤いタレです

そしてこちらのお店の名物。「赤いたれ」をガッツリとかけます。コチュジャンぽいですがこれがまた実に旨いのです。このお店、実は以前に御料人様が来られて気に入ったという曰く付き。その時のお土産がこの赤いたれなのです。これとドロソースの二段辛いもの攻撃でビールがさらに進みます。

しっかりと混ぜます

二品目は【スジモダン焼】です。うん、またソバだね。ソバ好きだね。うん、好きだよ。神戸のお好み焼きといえばこのモダン焼。これにも赤いタレとドロソースで。そしてこれまた神戸の定番スジですね。すじ焼きは薄焼きが多いのですが、モダン焼に放り込めばそれはこってり味に変身します。旨い!粉鰹と青海苔の絶妙な旨味がモダンをモダンたらしめてくれます、ありがとうロマンスの神様。

やっぱりモダンとスジは欠かせません

イマイチ体調が芳しくなかった御料人様にもう1枚大丈夫?と聞いてみれば当然大丈夫と答える。じゃあ注文する?と聞くと好きなのをどうぞと答える。【カス焼】お願いします。今回はキッチリと具材を押さえていきますよ。チャンポン→スジ→カスとくればお好み焼きの王道制覇です。ほら、ここでわかったでしょ?何故焼肉ではないのにお好み焼きで更新しているか。そう、ホルモン好きには堪らない「スジ」と「脂カス」という素晴らしい取り合わせなのです。そしてこれまたメチャ旨。

脂カスは神戸の至宝

当然のようにソース、青海苔、粉鰹でお化粧した後、赤いタレで旨味追加の旨旨なお好み焼き。いやー堪りません。やっぱりこうでなくてはなりませんわ。ふたりで3枚。まぁこの辺りがいい塩梅です。

しっかりとソースでいただきます

ということで御馳走様でした。営業時間が20時までと短いのですが、昼前からの通し営業なので納得のいくところ。ていいうか、ここは昼酒の中継に滅茶苦茶いいじゃないですか。16〜17時くらいに営業を始める立ち飲みまでの腹をちょいと満たすのに素晴らしいお店です。ま、結局人としていかがなものかという使い方をしようとしていますけどね。

昼酒は人生のリフレッシュに必要不可欠です。
えーと。そうでしょうか…。

今回のお店:

関連ランキング:お好み焼き | 春日野道駅(阪神)春日野道駅(阪急)神戸三宮駅(阪神)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)