人は能書きを垂れ流しながら旨いものを欲する「中畑商店」

寒くなったり暖かくなったりと実に不安定な気候に体も心も不安定なので食べ過ぎて2kgほど軽く太ったという言い訳は世間では通用しませんかそうですか、貴方のてつやです。

先日、所用でハーバーランドまで出かけまして。あ、用といってもそろそろパンツ(肌着)がすり切れてきたので買い足しという実にプライベートにもほどがあるという用件です。しかし今どきの肌着売場は色とりどりですなぁ。問題は男性肌着の所で何を買おうか熟考しているうら若き乙女が立ちふさがり、オッサンとしては非常に買い物がしにくいと。ええ、イロモノパンツ(仮面ライダーV3柄)を手に取るのが恥ずかしいのです。

まぁそういう艱難辛苦の果てに買い物を終え、(あ、ちなみにカンナンシンクをナンカンシンクと勘違いしていたことは付け足します)無事に所用は終了。さてせっかくなのでちょいと寄り道しておきましょう。この近くといえば「ホルモン 中畑商店」でしょう。

アーケードがなくなって明るいです

昼間ですがビールの小瓶をお願いしいてホルモンを摘まみます。以前はこの小瓶の存在に気がつかず、大瓶を一人で四苦八苦しながら呑んだものです。そして頂いたのは【ハツ、アバラ、バサ、肝】を適当に。焼台の前のカウンターはずらりとホルモンが並んでいるのでどれを何本喰ったのかはよく分からないのです。

この雰囲気も味の内

相変わらずホルモンは旨いです。ていうか、自分には焼肉とはイコールでホルモンなので、ぶっちゃけ個人的にはロースやフィレは焼肉として食べる必要ないですから。

このビジュアルが堪らない

サシの多い牛肉は、ステーキなどの方が明らかに効率よく美味しく焼けると思っているのです。脂が落ちて炎が上がるので慣れないと大炎上しますからね。でも、そんなこといいながらこの中畑商店ではホルモンを鉄板で焼いてます。それもまた美味しいから良いのです。結局のところ好きなもの好きなだけ喰うことが幸せの入口。

串ホルモンで昇天できるほどの幸せが分相応です。
サシ肉や高級肉も喰いますけどね、モチロン。

今回のお店:
ホルモン 中畑商店
兵庫県神戸市兵庫区東出町3-21-2
TEL.(078)681-9598


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)