薄れ行く昭和を懐かしんで「はまさか」

なんだか急に関西地方が冷え込んでます。こうも寒いと沖縄が恋しくなるというものです。いや、特に思い入れがあるわけじゃないですが暖かいというその一言で心がとんでいくというものでは?貴方のてつやです。

今年久々の焼肉ということで平成二十九年二月九日、次回はいつやって来るのか分からない肉肉の日に喰ってまいりました。あれです、焼肉です。酉年とか色々と言ってますが、結局のところ焼肉といえば牛じゃないですか。牛喰って来たよ。

もうすぐ取り壊されるという噂の元町高架下。愛称はモトコー。こちらにあります昭和の匂いを色濃く残す「焼肉スナック はまさか」へと。以前何度かうかがったことはありますが、やはり行ける間に行っておきたいじゃないですか。その外観は本当に美しい。通りがかりにひょいと入るのはためらわれる大人の空間。

この昭和感

焼肉店なら割と平気で一人でどこでも入ってしまう私ですが、このお店はさすがに最初友人の紹介でおじゃましました。“焼肉”は平気ですが“スナック”というところに躊躇が入るのです。ま、入ってしまえばこっちのもの。肉は一種類。【ロース】のみをひたすら焼きます。

カルビっぽいけどロースだそうです

キレイな肉質のロースをガスロースターで。手前の火は強く、奥手は弱め。理想的なロースターです。しっかりと焼いた後は奥手で温度キープと肉汁を落ち着かせて。うん、旨い。こういう昭和な焼肉は嫌いじゃありません。ホルモンがあればもっといいのですが、基本的にスナックの居抜きですからあまりに煙が出ると大変ですからね。

焼きやすいロースター

しっかりと肉のお代わりをして野菜も焼きます。【葱と玉葱】は適度に焦がしてお母さんの特製だれで。あ、肉も同じタレですよ。これが優しい醤油だれ。コチュが欲しいところですがこれを一味唐辛子で調整です。いい塩梅で酒の肴。

玉葱は撮る前に喰ったよ

当然この手の焼肉には【白飯】が必要。ご飯と焼肉のコンビネーションは最強ですからね。醤油系のタレとは特に相性がよいのです。うん、これこれ。みんな焼肉にはビールよりも白飯がいいと思うよ。

白と赤のコントラスト

でまぁすっかりと満腹。ええ、ここまでは普通に焼肉です。ここからがスナックの見せ所。皆でカラオケタイムへと突入です。いやー楽しい、実に楽しい。今回は人数が多かったので貸切だったもので歌い放題ですわ。いや、歌いすぎですわ。すっかりと楽しんで御馳走様でした。こういう焼肉も楽しいものですね。また是非遊びに来たいと思います。

二次会まで一気にすませた気分です。
居心地の良さに長居しそうで注意が必要です。

今回のお店:
焼肉スナック はまさか
兵庫県神戸市中央区元町高架通2-273
TEL.(‎078)341-6231


カテゴリー: ご近所, 下町, 焼肉, 焼肉店の紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近のコメント

アーカイブ