酒池肉山に溺れる「ウルフギャング・ステーキハウス」

連続更新記録は途絶えましたがそれでも世界は美しい。今日から仕切り直しで頑張ります。気持ちも新たに、貴方のてつやです。

先日、ナパバレイ・ワインメーカーズ・ディナーという催しに大阪の「ウルフギャング・ステーキハウス」へと行ってきました。ナパバレイといえば数年前に御料人様と二人でワイナリー巡りという超絶贅沢旅行をしてきた思い出の地ということでイソイソとお出かけ。

欲望という名のJR神戸線で大阪駅ビルの10階へと。ええ、普通に迷いましたとも。まぁその辺りは割愛しまして、参加ワイナリーは「Luna Vineyards」「Trefethen Family Vineyards」「Viader Vineyards & Winery」「Long Meadow Ranch Winery」「Silenus Winery」という、はっきりいって私は初めて聞く名前ばかり。取り敢えずガンガンと呑んで酔っ払ったので楽しかったです。

ちょっと遠目で失礼

で料理ですがナパバレイのワイナリーということでナパの料理。なのかな?よく分かりませんがまずは【キアヌオリーブと10種の野菜の小さなサラダ】。小さなということで小さいです。キュウリの主張が激しく、赤ワインにはちと厳しいのですが、ウェルカムドリンクでいただいたドライリースリングとソービニオンブランなら。

野菜食べたよ

【ワシントン州産バロンポイントと赤米のリゾット】。牡蠣のリゾット大好き!美味しいけどやっぱり赤に合わせるのはちょっと。

牡蠣は旨いです

というか生産者の方が同席して色々とお話聞きながら呑んでいるのですが、如何せん英語力が壊滅的な私はヘラヘラと笑いながら相づちを打つ仕事をしていたのですが、先方もそれを察してワインを注ぐ注ぐ。どれだけ呑ませるのかと。

大変なグラスの数です

料理はいよいよ終盤を迎えます。【季節のグラニテ】で口直し。えーとね。もうこの辺りで味なんてよく覚えていないですわ。多分既にボトル1本は呑んでいるというか呑まれてますわ。

口直しというか酔い覚まし

メインです。メインは当然ステーキ。だってステーキハウスだもの。【USDAプライムリブ リブアイステーキ ロッシーニ風 ホウレン草とマッシュルームのソテー添え】。プライムリブ、リブアイともに一皿で。お店の方がいうには量が多いのでお持ち帰りOKです。うん、全部食べたよ。そしてワインがいよいよ美味しいよ。

サシの少ない肉は結構食えます

この辺りで適当に席を離れて他のテーブルのワイナリーの方と交流するわけですが、酔っ払いです。大変な事になってます。なので最後の【チョコレートムースとベリーのセミフレッド塩の花をそえて】ってのはほぼ記憶にございません。ゴメンナサイ。

え?食べたっけ?

まぁね。なんとか自宅まで帰ってきたのですよ。それだけでも立派。どう考えても呑み過ぎましたから。最近のワイン会ではある程度量を決めて呑んでますからこんなにも呑み過ぎないのですが、何せ売るほどワインを並べてますから。無くなったら補充してましたから。いやー楽しかったです。またナパへ行きたいねぇと御料人様と楽しく帰路についたのですが、翌日はまぁ当然の。

自分の中の暴れん坊将軍はそろそろ隠居して欲しいです。
もう若くないのだからと言い聞かせる必要があります。

今回のお店:
ウルフギャング・ステーキハウス 大阪店
大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ 10F


カテゴリー: ステーキハウス, ワイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近のコメント

アーカイブ