大阪梅雨の陣2009 持久戦は体力がもちません

ここ最近、週一くらいでしか更新していなかったので、六月は強化月間として平日は毎日のつもりだったのですが、わずか二週間ももたずに断念しました。ええ、やはり魔都・大阪は強敵すぎました。ということで大阪レポートの始まりです。

水曜日は情報収集という名の放逐の日。過去、西方面へは幾度と無くうろついておりますが、今回は大阪方面へ。ディープ大阪を堪能すべく、水先案内をお願いしたのは我が敬愛して止まぬおこづかい帳さん。まずは待ち合わせに欲望という名の環状線を経由して新今宮駅へ。辿り着いた安堵感で取り敢えず一杯呑んで心を落ち着かせます。

程なくおこづかい帳さんと合流。本日はよろしくお願いいたします。お店開店のための仕込みもあるというのにワガママにお付き合いくださりありがとうございます。そぼ降る雨の中まずは一軒目「串かつ・ホルモン焼 大万」へと。駅からはほんの目と鼻の先。いかにも素敵な外観が期待を掻き立ててくれます。コンニチワ。

ホルモン串が一本40円。えーマジすか。この間まで30円だったので大幅な値上げだそうですが、なんと恐ろしい。取り敢えず一軒目なので喰いすぎ呑み過ぎに注意しつつ串を二本ずつ。ビールで乾杯。何とも素晴らしスタート。串カツや生レバーにも心惹かれましたが我慢我慢。先は長いのです。ということで御馳走様でした。

実は一つ気になっていたというか目を奪われたのは、こちらのお母さんが何気なくお酒を注ぐのに使っていたのが錫の銚釐だったこと。いやー、あれ結構高いんだよなー、欲しいなー、とまぁスケベェ心で見ておりました。さて、では移動です。二軒目もホルモン。「ホルモン マルフク」です。このところ焼酎で壊れがちなので基本的にビールでいただくことにしています。

なのでまたしてもビールで乾杯。さてでは頂くのは、当然ホルモンですね。ビールにホルモンは基本中の基本。すでに鉄板で焼いている物を軽く温め直していただく。これがいい!そうまさにホルモンですわ。洗い物などするつもりが全くないのか容器が全て使い捨て。エコロジーに真っ向から対決姿勢という男らしさ。

せっかくなので野菜もいただきましょうかと葱焼き。うん、このタレと葱のマッチ感がなんとも素晴らしい。むしろホルモンよりもコッチの方が魅力的に感じる不思議。黒板メニューにはシマ腸などの魅力的な文字が躍っていますがまだ二軒目ですからグッと我慢。ちなみにこのお店、平日は午前八時からオープンという恐ろしさ。さすがディープ大阪。

さてこちらのお店もこの辺りで御馳走様。更に進んでいくのです。しかし、水曜日は定休日のお店が多いみたいで二軒ほどフラれてしまいました。しかし今回の水先案内のおこづかい帳さんは一味違うのです。ここでいきなり目先を変えましょうとばかりに関東煮へとシフトです。これがまた素晴らしいお店なのです。

いわゆる駄菓子系の子供達が集まりそうな店構え。なのに大人の社交場。つか、関東煮でビール呑んじゃってますから。この関東煮がなんとも旨いのです。どう旨いかといえば、まずは濃い。濃厚。旨味というか味付けが。甘くて辛い、そう、スキヤキのような味付け。これがまたビールに合うんだわ。つか、白飯が欲しくなるほど。

取り敢えず、スジ肉とゴボ天と平天から喰ったのですが、こんなもんで我慢が効きませんわ。速攻食い尽くしてお代わりに、スジ肉、卵、厚揚げという三種の神器。卵はようしゅんだとこお願いしますというのは関東煮をお願いする時の鉄板です。ついついお代わりまでしてしまいましたが、更に移動するのです。まったくどんだけフットワークが軽い事やら。

次のお店は「難波屋」。立ち飲み。メニューを見ると何でもあります。ビックリするほどに。うどんやラーメン、焼き魚からクジラ、馬刺まで。こりゃあたまらねぇ。素麺をよこから頂きつつ、私もゲソ天唐揚げを。おお、これは酒の肴にいいですねぇ。ちょいとトイレを借りようと奥の方へと探索してみたところ、ライブなんかもやられているみたいですね。いやいや、これはなかなか楽しげなスペースです。
 
でまぁ、いよいよ昼の部最後の店へと移動するのです。この時、時間は14:00を少しまわったところ。この時間から開店するという大変素晴らしいお店へとご案内頂きました。ええ、あまりに素晴らしすぎてここに住みたいとさえ思うほどに。

「いか焼・たこ焼 かんむりや」というそのお店。すでにたこ焼きはやってらっしゃらないみたいですが、メニューの豊富さと安さに目が釘付け。たいがい喰ってきてますからチーズでビールをマッタリといただきながら。で、ここでおこづかい帳さんは仕込みのために一旦お別れ。ありがとうございました。また後ほどお店の方へと伺いますね。

でこの素敵空間の主と先客の方と楽しく談笑しつつ、話の内容なんかほとんど覚えていない酔っ払い。なんか変わったメニューはないかと見ればテディーライスとかそめすけ焼飯とか。それって何ですか?とお聞きしたんですが、名前の由来まで詳しく聞きながら失念。今回の旅では沢山の大切な物を無くしてきたような気がします。

とかいいながら喰っちゃう、テディーライス。スープカレーっぽいカレーライスとでもいっておきますが、これ滅茶苦茶旨いですわ。見た目の適当さと味とのギャップに膝から崩れ落ちそうな敗北感です。た、堪らん。今日はさすがにこれ以上は喰えませんが、次回必ずリベンジしたいお店です。ちなみにお隣のお客さんからキムチ頂きました。どこに行っても馴染んでしまう自分が好きです。

さて、さすがに二時間も呑んでいたのでそろそろ移動を。せっかくなので通天閣の写真を撮って再びJR。環状線でまわるまわる。酔っ払いは酒までまわるまわる。危うく寝込んで環状線一周しそうになりながら無事に目的地の野田駅へと到着しました。ええ、電車揺れは深い睡眠へと誘うのです。あうあう。でも大丈夫でしたけどね。

次の目的地は「大黒屋」というお店。以前にも時間潰しに入ったことがあるのですが、今回もおかあさんにご挨拶だけでも。が、誰もいない。え?なんで?と思ったらお店の外で御近所の方とお話しされていました。私が店に入ったのを見て戻ってこられたので早速いただきましょうお酒を。さすがにビールはこれ以上は入りそうになりません。

でせっかくなのでポテトサラダなんてのも摘みつつ、すっかりと話し込んでしまいした。なんだろう、昔は大阪っていうのが苦手だったのですが、どうも最近はどっぷりとその毒気を楽しんでしまっています。きっと今までは行く町を間違っていたんだと思うのです。私にとっての大阪はこういう町でなければならなかったのかもしれません。

とまぁ酔っ払いは酔っ払いなりに色々と考えますが、莫迦の考え休むに似たりてなもんで、ここで脳味噌の小休止。つか、このままだと寝てしまいそう。ということでいよいよ本日のメインイベント「酒縁 ゆるり」の一周年のお祝いに。いや、こんな酔っ払いが行くことが祝いになるんですか?ようやく七軒目にして目的地という体たらく。

取り敢えずおめでとうございますのご挨拶だけしてへたり込む。なのに呑む。大黒正宗を。本日オススメの自家製ハム、大鉢の南京、さらに春巻きなど。うん、莫迦。酔い覚ましに辛味大根など頂くもののこの辺りから視界と記憶が薄れて参りまして。その後、大阪の肉王子、神戸の走る人と合流したもののすっかりとダウンです、すみません。

 
ということでいろいろとあって(あったらしくて)御馳走様でした。一体どうやって帰り着いたのか分かりませんが風呂に放り込まれて無事に朝を迎えることが出来たようです。いやーやっぱり昼から夜遅くまで呑み続けるのはよろしくありませんね。この日のお店は計七件。食べた料理は15〜16品。そろそろ限界を知りましょう。

 
次回からの昼酒は、きちんとスケジュールを立てることにします。そしてまわるお店のチョイスもきちんと決めてから。でないと、莫迦ですから呑みすぎてしまいます。そう、今年も焼肉の日という年に一度のお祭りがやってくるのですが、今回は大阪遠征も含めてのイベントにしようと思っていますのでそのための情報収集が必要なのです。

 
特に東京からのお客さんには、神戸だけではなく大阪も楽しんで頂きたく、今後もおこづかい帳さんをはじめ大阪の皆さんのご協力の下お店選びに精を出したいと思っています。是非とも美味しいお店、面白いお店の情報がありましたらお知らせ下さい。

主に私が楽しんで呑んできます。
やっぱり自分が楽しくないと人にはすすめられませんから。

今回のお店:
串かつ・ホルモン焼 大万
大阪府大阪市西成区山王1-16-1

ホルモン マルフク
大阪府大阪市西成区太子1-8

※店名失念
大阪府大阪市西成区太子2

難波屋
大阪府大阪市西成区萩之茶屋2-5-2

いか焼・たこ焼 かんむりや
大阪府大阪市西成区山王1-4-16
TEL.(06)6646-3558?

大黒屋
大阪府大阪市福島区吉野2

酒縁 ゆるり
大阪府大阪市福島区吉野2-1-24
TEL.(06)6445-3577

2 Comments
  1. 先日仕事でマルフクの前を通りましたが、大勢の方が昼間から呑んでおられましたね。
    このあたりは缶ジュースの自販機も50円なので、財布にはやさしいです。

  2. >おがちゃん
    お昼過ぎという時間帯で、すでに出来上がっているお客さんが素晴らしいですw
    全体的に財布には優しかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)