お昼の探検隊は西へと向かう「焼肉もつ鍋 みやび」

水曜日の午後は放逐の日。こういう日はひとりブラブラと待ちを探索してみましょう。最近の自分トレンドとして、昼から焼ける焼肉店を探しています。ランチでもよし、普通に焼肉でもよし。今回は西へと足をのばしてみることにしました。



大変信頼出来るスジの情報として、新長田の焼肉店がよさそうでしたのでそちらへと。「焼肉もつ鍋 みやび」というそのお店、気分が焼肉だったので気が付きませんでしたがもつ鍋もある素敵さ。本町筋商店街の一角に居を構えるその看板は私の期待をいやが上にも駆り立ててくれます。というか、看板がカッコイイ。

さて、では早速。メニューには、黒毛和牛ロース定食や和牛カルビ・豚バラ鳥モモのセットなど数種類あります。ま、私の場合はいうまでもなくホルモンです。【Cセット(ホルモン)】を頂きましょう。キムチ、ナムル、ワカメスープ付き。ランチメニューはご飯のお代わり自由だとか。素晴らしいじゃあないですか。

取り敢えずビールをいただきながらちょいと待っていますと、やって来たのはまさに定食。思っていたよりもボリュームがあるのです。タレは醤油ダレでやや甘め。決して甘すぎない旨さ。これに好みでコチュジャンやおろしニンニクを放り込みます。こちらのニンニクは生ニンニクをおろしているので緑色になってます。ええ、生の証拠ですね。

では焼いていきます。ホルモンは小腸と赤センマイ。ぶりぶりの脂が乗った小腸をガス火で焼いていくと、じゅわじゅわといい感じで焼けていきます。赤センは肉厚部分と薄い部分が適度に織り交ぜられているので、焼き時間に適度な時間差が出来て一気に網に乗せてもいい感じで喰えます。早速赤センから。お、いいね。

鮮度でいえばずば抜けているとはいわないですが、このタレによくあった旨味。白いご飯にもビールにもよく合いますわ。特に白飯との相性は抜群。わっつりと掻きこめる旨さ。キムチも結構な深漬けなのですが肉と白飯とキムチの三点セットが口腔内で爽やかさに変わるのです。小腸の脂もじゅわりと旨いです。

揉みダレの妙なのか、いかにも焦げ付きそうな風情を見せながら全く網に焦げ付かないタレの粘度。これはいい。小腸の脂の甘味をしっかりと味わったところで御馳走様でした。こちらのお店、お昼でも普通に焼肉が出来るみたいで、私の丁度後ろの席ではお二人連れでガッツリと焼いてらっしゃいました。次回は本格昼焼肉というのもいいかもしれません。つかヤリたい。

昼間っから贅沢な焼肉をいただけて実に幸せ。昼間の焼肉は夜の焼肉とも野外のBBQともまた違う味わいがあっていいですね。

ま、どれも旨いことには違いはないのですが。
独り焼肉のエッセンス込みでランチ焼肉、御馳走様でした。

今回のお店:
焼肉もつ鍋 みやび
兵庫県神戸市長田区腕塚町3-1-21
TEL.(078)612-1228
2 Comments
  1. 最近ひとのBlog全く見ていないですなあ。
    みやびは震災前に近所にあったお店です。
    当時珍しかったモツ鍋が、1人前800円くらいだったので、よく通いました。
    ここに移ってからは、4?5回行ったかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)